介護を仕事でやるには過酷過ぎる理由とは?

介護は褒められない?

介護をしていると、誰からも褒められない仕事でしょう。周りからは同情を買うだけで、何も得られないです。後は仕事をこなすだけで乗り越えていくしかないです。これまでの実績を積み上げて介護の仕事の重みが違います。介護を仕事する以上、誰からも褒められないです。やって当たり前ですし、そこをどのように捉えるかによって具体性が見えてきます。仕事する以上、覚悟を決めてやりましょう。入ってからすぐ辞めましたというのは今後の就職活動に大きな影響を及ぼします。

介護はお年寄りばかりだなと感じる?

介護をする時、現場に行くとお年寄りばかりですから、そんな人をどのように相手するかです。お年寄りでも若い頃から頑張ってきた節がありますし、一人の人間です。介護を担当する時、どのような人が居るのかが気になりますよね。介護はお年寄りばかりですが、中には老若男女の障害者を相手にする形もあります。自分が介護する時、若い時だったら社会勉強にもなります。特に認知症を患っている入居者だったら、昔話に花を咲かせます。同じ話ばかりだと思わない方が良いです。

お金が安いのはキツイだろう?

給料が安いと介護業界に限らず、辞めていく人が居るのは仕方がないです。理由もそれぞれ違いますし、生活環境も大きな影を落としています。介護の場合、給料が安いのと仕事量と比例していない事実があります。これではやりがいをもてなくなるのも無理はないです。それでも経験を積まなければ先が見えない業界です。資格と経験数が給料の差へと繋がっていきます。資格があると、より金額が上がります。国家資格を持っていると介護現場も重宝されます。

介護の派遣に実績のある企業のビジネスモデルに関しては、様々な情報誌などで特集が組まれることが増えています。