介護にはどのような種類があるのかその具体的な行為について

介護とはどのようなことをいう行為なのでしょう

病院では看護師が患者の介護を行い、老人ホームなどの施設ではホームヘルパーなどの介護職が介護を行っています。そうして、家族も介護をしているところも増えています。介護の意味は、日常生活である食事やトイレなど、家の中の基本的な行為が、自分ひとりの努力によって行えない場合に、それを手伝うことと考えて良いでしょう。これらの行為を手伝うことで、その人の生活を健康的で、快適かつ安全なものにするという大切な意味があります。

認知症の高齢者に対する介護

認知症高齢者には、徘徊したり、粗暴な行為もみられることがありますが、これらに対しても介護が行われます。認知症の高齢者にみられるこれらの行動を、「異常行動」とか「問題行動」と一般的に言われています。こうした行動は、その人の健康や安全な生活を脅かすばかりでなく、調和のとれた普通の生活すらも失わせる原因となります。この介護は、なだめたり、状況を納得してもらったり、話し相手になるなど様々な方法で行われますが、目的は周囲との調和あるものにするところにあります。

介護の種類には3つの行為があります

介護として行われる行為には3つの種類があります。「介助」は、主として身体的な障害が原因でその動作ができなかったり、認知症で食べ物を認知できないために食べる行為が出来ないという場合に、本人に代わって他の人が行う行為をいいます。これに対して、「指導・助言」は口頭で指示したり、気づかせたり、動作のやり方を助言するものです。「見守り」は、本人が行うべきことやその手順などを、安全に実行されたかどうかを確認することをいいます。

介護の求人においてはホームヘルパーや介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーなどの有資格者が優遇されています。