コンビニの夜勤バイトの時給はなぜ高い?時給が高い理由とそのデメリット

なぜ夜勤の時給が高いのか?

コンビニ以外のバイトでも同じですが、コンビニのバイトは昼間の仕事より夜勤の仕事の方が時給が高いです。なぜなら、午後10時から午前5時までの深夜の仕事には割増賃金を支払わなければならないという法律があるからです。深夜業では、通常の労働時間の賃金の25%以上の割増賃金を払わなければならないと定められているため、昼間の時給が他のバイトに比べて安いコンビニのバイトでも、時給1000円以上の賃金を稼ぐことができるのです。

コンビニの深夜バイトの魅力

「時給1000円越え」と聞くと、「なかなか良い時給じゃないか」と思う人も多いですよね。実際、給料の面から言うと、コンビニの深夜バイトは魅力的です。また、昼間に他にすることがあり、夜にしか働けない人にはうってつけのバイトです。例えば、浪人生で、昼は勉強して夜に働くということも、深夜バイトならできます。また、夜更かしが得意で夜型人間の人にも深夜バイトはおススメです。昼夜逆転の生活は体に良くない面がなくもないですが、夜型の生活が体に合っている人にとっては高時給のコンビニの深夜バイトはメリットが大きいでしょう。

深夜のコンビニバイトのデメリット

深夜のコンビニバイトは時給が高い面、リスクやデメリットもあります。例えば、繁華街のコンビニだと酔っ払いが入ってきて暴れられたりする可能性もあります。また、田舎のコンビニだと、駐車場が不良少年のたまり場になってしまい、注意しに行かなければならないということもあるでしょう。コンビニによっては、人件費削減のために深夜のバイトは1日につき1人しか雇わない所もあるようです。深夜の業務を1人で任される所もあるので注意が必要です。

コンビニのバイトは、覚えることが多く最初は混乱しますが、慣れることができれば作業の効率や接客対応などが身につき、成長できる良いバイトです。