慣れないうちはやりがち!?バイトの失敗あるあるとその対策法

飲食店でドリンクをこぼしてしまった

居酒屋やカフェ、コーヒーショップで働いている人は、まだ始めたばかりで慣れないうちはドリンクの種類を覚えるのに必死でそのほかのことに気が廻らず、お客様の席にドリンクを運ぶ際にドリンクを客席にこぼしてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?特に店が混んでいるときに「急いでドリンクを提供しなきゃいけない」という思いから焦ってしまってつい足がもつれてという人もいると思います。はじめてのうちは慣れないので、急がずに丁寧に運ぶことが大事ですね。

宅配サービスで家がわからず、道に迷ってしまった

ピザや寿司、中華料理などの配達のバイトを始めた時にありがちなのが、宅配するお客様の家がわからず、道に迷ってしまうケース。普段から通っている道に家があれば良いのですが、ちょっと入り組んで普段通らない道にある家に宅配しなければいけないときに道に迷ってしまうことはありますよね。そんなときは慌てずにまずお客様に宅配の時間が遅れることを報告し、その後、店の方に電話をして指示を仰げばよいでしょう。場合によってはまず店に連絡してどうすればよいのか聞くといい解決法を教えてくれる場合もあります。

間違えて違う商品を提供してしまった

飲食店やコンビニ、百貨店などでありがちなのが、まだ商品の名前や特徴を覚えていない時に注文を受けてしまい、注文されたものとは違う商品を提供してしまったケース。つい気が緩んでてお茶と間違えて天つゆを出してしまったなんて人もいると思います。お客様が気づいてその時に訂正してくれるといいのですが、気づかずに帰ってしまったり、その時に言ってくれなかったりした場合、後で店にクレームが入って店長や先輩社員に怒られるなんてこともあります。そのときは言い訳をせずに精一杯反省の意を込めて謝罪しましょう。下手に言い訳をすると、店長やバイト仲間での評判が悪くなったり、最悪の場合クビになったりしてしまう場合がありますので注意が必要です。

高時給のバイトでは、短時間でも効率良く稼げるため、できるだけ多く稼ぎたい場合や働ける時間が限られている場合には大変魅力的です。